脱毛の基礎知識やおすすめのムダ毛処理方法を紹介するサイトです。ワキや足(ふくらはぎ・ふとももなど)に毛穴の黒ずみや埋もれ毛・炎症などを起こさずにキレイに毛のケアをするコツ・処理の仕方をご案内します。エステや脱毛器・医療レーザーなどの情報もあります。

脱毛の基礎知識

脱毛の基礎知識のRSSフィード 脱毛の基礎知識の記事一覧
2015年3月 5日
脱毛をして抜ける時期はいつ頃?
■脱毛施術をすればすぐにツルツルになるの? 一昔前の脱毛は、電気針脱毛といって...
2015年2月 5日
医療レーザー脱毛は安心?大丈夫?
■医療レーザー脱毛って? 医療レーザー脱毛という脱毛方法をご存知でしょうか。 ...
2015年1月 8日
毛が濃い女性向けのケア方法
■毛が濃いのが悩みな女性 体毛というのは薄くても濃くても悩みがあります。 でも...
2014年12月15日
脱毛サロンと医療脱毛の違い
■原理は基本としては同じ 脱毛と一言でいっても 脱毛サロンで受ける美容脱毛と ...
2014年12月 4日
毛を剃ると濃くなるって本当?
■毛を剃ると濃くなるの? むだ毛処理を知るぎると毛が濃くなる。 このような話を...





脱毛の知恵袋のサイトです。
ムダ毛処理で悩んでいる人のための豆知識を紹介します。


・毛抜きやカミソリなどで処理をしていて困ったことはありませんか?
・エステに通う・脱毛器を購入するに当たって、不安に思うことはありませんか?



このサイトでは、体の毛にまつわる豆知識から、
どんな除毛・脱毛方法が良いのかまで詳しく紹介
しています。

ムダ毛の処理方法で困ったことがあれば、ぜひ参考にしてみて下さい。




◆ ムダ毛で悩みが多い体の場所


・ ワキ(腋毛)
・ 足(ふくらはぎ・ふともも・ひざ下)
・ おなか
・ 背中
・ 顔(鼻の下・あご)
・ 胸(乳首周り)
・ デリケートゾーン(VIOライン) などなど…



みんなが気にする体の部分はたくさんあります。

それぞれ、いろんな除毛・脱毛方法がありますが、
お肌を傷めて炎症になってしまったり、
毛穴が黒ずんで見た目が悪くなってしまう方法もあるので注意が必要
です。


たとえば、毛抜きやテープで脱毛をすると、
抜いた部分が腫れて炎症を起こしてしまったりします。

また、カミソリを使うと、埋没毛(埋もれ毛)になったり、
肌が荒れてしまうことがあります。


そのため、このサイトでは
肌を傷めずにキレイにムダ毛を処理する方法を紹介していきます。

また、エステサロンや医療レーザーでの脱毛はどこを選べばいいのか?
家庭用脱毛器って大丈夫なのか?など、脱毛方法についても詳しく紹介します。


肌を傷めずに、キレイにムダ毛を処理する方法とは?




◆ 季節ごとのムダ毛処理


夏場は、Tシャツやノースリーブ・短パンなどの薄着をすることが多いですし、
海水浴やプールに行って水着を着ることもあるでしょう。

二の腕や太もも・ふくらはぎは人目に触れることが多いですし、
ムダ毛が少しでも残っていると、イメージダウンにつながります

彼氏や男友達に見られることがないよう、
普段からしっかりと処理をしておく必要がありますね。

春・夏にかけては毛が伸びやすいこともありますし、
余計に注意が必要です。


尚、夏場に間に合わせるためには、
毛周期を考えたら、数ヶ月前から脱毛を始めておくことが大事です。

そのあたりについても、サイト内で詳しく説明します。


冬場は、あまり肌を露出する機会はありませんが、
ここでケアを怠ると、いざと言うときに痛い目に遭います。

温泉・お風呂に行ったり、彼氏とのラブタイムなど、
肌を見られる時はいきなりやってきますので、
夏場だけでなく1年中ムダ毛処理はしっかりとやっておきましょう


おすすめのムダ毛処理方法




◆ ムダ毛の処理が甘いと…?


一度でもワキの毛や黒ずみなどを見られると、
その時の強烈なイメージが残ってしまいます…

ムダ毛の処理がちゃんとできていないと、イコール
「いい加減な人」「女らしさがない人」と思われてしまいがち
です。

そうなると、彼氏や男友達の印象はすごく悪くなりますね…

ですから、ムダ毛のお手入れは
ちゃんとしておかなければいけません。


ですが、頻繁にカミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりというのは
手間がかかって大変です。

いつもやっているのに、ついつい忘れてしまって、
その時に他の人に見られちゃった… なんてこともあります。

そこで、一定期間は手間やお金がかかりますが、
その後は処理に悩まなくてよくなる「脱毛」が人気
です。

思い切って脱毛をしておくと、
大変なお手入れから開放されるので、オススメです。


このサイトでは、そんな脱毛の方法について詳しく解説しますので、
ぜひ参考にしてみて下さい。